肌のくすみが気になりだし、近くで自分の顔を見てみると、なんだか肌が毛羽立っているような感じでした。

肌の透明感はキメが揃っていることが大切なのに、私の肌はキメどころか乾燥し、ひどくかさついていました。
そんな私が実践したスキンケアは、まず第一に肌を刺激しないことでした。洗顔のときも顔を吹くときも化粧をするときも、包みこむようにそっと肌を扱うのです。
こすらないことで、乾燥した肌のキメをこれ以上荒らさないようにするのです。そして、一番効果があったと思われるのが、卵白洗顔でした。卵の白身で洗顔する方法です。
卵白には角質除去効果や保湿効果があるそうです。天然のものなので肌にも安心です。週に3日くらいを卵白洗顔にしましたが、1ヶ月くらいで、明らかに肌がワントーン明るくなりました。
そして、肌のさわり心地が変わりました。しっとりと吸いつく感じがするのです。肌が明るくなったのは、卵白洗顔の角質除去効果のおかげと、乾燥肌が改善され、キメが整ってきた結果でした。